御所ヶ岳~馬ヶ岳

今回は貫山地の南端、古代の山城跡の御所ヶ岳と黒田官兵衛が九州に入り最初に拠点とした馬ヶ岳城の馬ヶ岳を巡る。
住吉神社前の駐車場に集合し車道を進む。
2021_02_11_馬ヶ岳_007.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_008.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_012.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_013.JPG

車道終点からはヒモヅルの自生地を通り石垣の残る中門に到着。
2021_02_11_馬ヶ岳_018.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_024.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_026.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_027.JPG

右側の祠にはいろいろな神様が祀られている。
2021_02_11_馬ヶ岳_032.JPG

門内に入り右に階段を上がり景行神社へ。
2021_02_11_馬ヶ岳_038.JPG

裏手に礎石を見ることができる。
2021_02_11_馬ヶ岳_039.JPG

馬立場石塁を見て下り見通しの良い場所でコンパスの座学。
2021_02_11_馬ヶ岳_042.JPG

ここから見える馬ヶ岳と御所ヶ岳それぞれからの角度をコンパスで割り出し地形図上に線を引き交差した場所が現在地。
2021_02_11_馬ヶ岳_046.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_047.JPG
皆にやってもらい先へ進む。

中門へ戻り北側に平尾台の遠景を見ながら登り東門通過。
2021_02_11_馬ヶ岳_048.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_050.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_051.JPG

稜線に上がると僅かで御所が岳山頂に到着。
2021_02_11_馬ヶ岳_054.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_056.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_058.JPG

東側にはこれから向かう馬ヶ岳が見える。
2021_02_11_馬ヶ岳_059.JPG

急斜面を下り鋤迫方面の分岐をすぎて登り返す。
2021_02_11_馬ヶ岳_063.JPG

八畳岩への道を分けると少しの急登で大きな新田氏表忠碑の立つ馬ヶ岳山頂到着。
2021_02_11_馬ヶ岳_070.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_072.JPG

展望の良い場所ではあるが、春霞で今日は英彦山すら見ることもできない。
2021_02_11_馬ヶ岳_078.JPG

昼食を済ませ三角点のある二の丸へ移動。
2021_02_11_馬ヶ岳_082.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_084.JPG

下山は北面へ下り太閤岩、官兵衛岩。又兵衛岩のある展望地を経て山城の遺構を見ながら大谷登山口へ下山。
2021_02_11_馬ヶ岳_092.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_094.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_096.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_099.JPG

山裾を歩いて住吉神社へ戻る。
2021_02_11_馬ヶ岳_106.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_112.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_120.JPG
2021_02_11_馬ヶ岳_122.JPG

2021年2月11日 御所ヶ岳~馬ヶ岳(筑紫山地 貫山地/福岡)
住吉神社駐車場9:20→林道終点9:38→中門9:44~49→景行神社9:56~59→馬立場石塁10:01→展望地10:05~30→中門10:33~37→東門10:40→稜線分岐11:02→御所ヶ岳11:05~12→鋤迫方面分岐11:38~45→馬ヶ岳12:12~13:34→二の丸13:41~53→展望所14:00~09→大谷登山口14:32~38→リレーセンター14:59→交差点15:16~21→住吉神社駐車場15:39

人気blogランキングよろしければクリックお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ポータルブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック